|鹿児島県鹿児島市の評判のリフォームのことなら創業45年リビングプラザ滝の神

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-43-9922受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

リフォームポイントREFORM POINT

HOME / リフォームポイント / 洗面化粧台リフォームのポイント

洗面化粧台リフォームのポイント

洗面化粧台リフォームのポイント

まずはご自宅の洗面所のサイズを確認しましょう。

標準的な家庭の洗面所であれば、化粧台のサイズの幅は60cm~120cmとなります。洗面化粧台のタイプによって選べるサイズのラインナップが異なりますので、まずはご自宅の洗面所のサイズを測っておくと良いでしょう。

選ぶポイント 1.サイズと機能性

標準的な家庭の洗面所であれば、化粧台のサイズの幅は60cm~120cmが一般的です。洗面化粧台のタイプによって 選べるサイズのラインナップが異なりますので、まずはご自宅の洗面所のサイズを測っておくと良いでしょう。
どのくらいの大きさの洗面化粧台にするかは、洗面室の広さはもちろん、家族構成や洗面室の使い方によっても変わってきます。
リフォーム店のショールームには、間口サイズの異なる洗面化粧台がいくつか展示されています。カウンターの広さがどのくらい必要か、洗面ボウルの大きさ、収納などの機能面をチェックすることも大切ですが、まずはサイズが重要です。
サイズが決まれば次は使い勝手の良さです。家族が多ければ、忙しい朝でも皆が使いやすいような三面鏡で幅が広いタイプがいいでしょうし、脱衣室も兼ねるのであればタオルや洗面グッズを収納するための豊富な収納スペースのものが重宝されるでしょう。
また、洗面台の高さも使い勝手に大きく関わります。実際に商品の前に靴を脱いで立ってみて、使いやすいかどうかをチェックすることを忘れずに。現在使っている洗面化粧台の間口サイズや高さを控えておくと、比較できて選びやすいと思います。

選ぶポイント 2.洗面ボウルのタイプ

洗面ボウルのタイプはメーカーによっても異なりますが、大きく以下の3種類です。

陶器タイプ

細かいキズが付きにくく、長期の使用でも美観が損なわれにくいタイプです。しかし、硬いものをぶつけると割れたりひびが入ることもあります。

人造大理石タイプ

様々な色感から選ぶことが出来ます。また成形の自由度が高いことから最近よく使用されるようになりました。割れる心配は少ないですが、陶器タイプと比べると傷は付きやすいです。

ホーロータイプ

傷にも強く、酸やアルカリにも強い素材です。しかし、表面のガラス層が欠けてしまうとサビが発生する場合があります。どれも特徴がありますが、やはり最も多いタイプは陶器タイプのようです。

選ぶポイント 3.水栓のタイプ


左がシングルレバータイプと呼ばれる水栓です。左右にひねることで温度調整が可能です。また、最近のタイプは蛇口が伸びてシャワーのように使えるものもあり、洗面台の掃除の際や、小さな子どもが手を洗うときに便利です。右は壁付けタイプと呼ばれる水栓で、例えばTOTOのVシリーズはこれが標準仕様となります。このタイプの特徴として、洗面台の部分に水栓のスペースを取らない分、洗面台を広く使えるというメリットが生まれます。

 

選ぶポイント 4.本体キャビネット

洗面室に収納しなければならないものは色々あります。洗面・歯磨きには、タオル、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、ハンドソープなどが必要でしょう。身だしなみや化粧などには、ヘアブラシ、ピン、ドライヤー、整髪料、髭そり、化粧品など。脱衣室としては、タオルや下着も必要でしょうし、洗濯や掃除では、石鹸、柔軟剤、洗濯ネット、掃除用洗剤、雑巾、バケツなども収納しておきたいものです。その他、コンタクト用品やお風呂のおもちゃ、体重計などを置く場合もあるかもしれません。もちろん、家族の人数によって、必然的にそれらの数は増えるでしょうし、買い置きする場合は、もっと数が多くなるはずです。

化粧台の収納は以下の主に3種類。家族構成や収納する予定のものに合わせて選んでみましょう。

オールスライドタイプ

キッチン同様、スライド式の収納は最近の流行です。スペースが奥まで有効に使え、引き出しなので出し入れも楽に できることから人気があります。一方で高さの制限があり、背の高いものを入れることが難しいケースがあります。

引き出しタイプ

左側がスライド式の収納で、右側が開きタイプになっている形です。引き出しにはシャンプーやリンスの詰め替え用品、洗剤道具、歯ブラシなどの買い置きを収納し、開き戸にはティッシュ箱やよく使う洗剤などを保管しておけます。

観音開きタイプ

スペースを自由に使えるのが、この開きタイプです。 一方で整理整頓が難しく、奥のものが取り出しにくいことがデメリットです。

  • リフォームショールーム
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-43-9922受付時間
9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-43-9922受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 滝の神ショールーム
  • 滝の神TVCM
  • 滝の神のリフォーム工事はキャッシュレス5%還元対象です!
  • LIXIL 次世代住宅ポイント制度